FC2ブログ
清水クッキングスクールBLOG
清水クッキングスクールの情報・お知らせなど

プロフィール

清水クッキング

Author:清水クッキング
清水クッキングスクールです♪
本科では中学生から60代の方まで男女問わず楽しく学んでいただいています。
チケット制と月謝制が選べて通いやすい!!
本科チケット制の生徒様はチケットを使ってパン教室や和菓子・洋菓子コースも御受講いただけます。体験教室もあります。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今週のお献立 1月第4週のお献立

今週 1/28~1/30 のお献立は

   節分の日 鬼は外


繧ュ繝・ぜ縲€繝√Ι繧ウ繝悶Λ繧ヲ繝九・+006_convert_20160128134416

 大豆とエビのクリーム煮
 鰯の唐揚げしょうがあんかけ
 恵方巻き
 あったかい豚肉の粕汁

今週は節分のお料理を作ります。
今年は沖縄でも雪が降るほどの寒気がきたかと思えば、暖かい日が続いたり、と不思議な天気の毎日ですが、
やはり寒い日には温まる食べ物が欲しくなりますよね。
今週は節分の日に温まるお献立を考えてみました。
今年の恵方は南南東。
節分を美味しく、楽しみましょう。

kID'S SCHOOL開催しました!

KID'S SCHOOOL開催しました!

1月23日土曜日 バレンタインのお菓子作り チョコレートブラウニーをつくりました。
当日は満員のお申し込みをいただきありがとうございました。

ベージュのコートのお忘れ物をお預かりしています。
お心あたりの方はご連絡ください。


繧ュ繝・ぜ縲€繝√Ι繧ウ繝悶Λ繧ヲ繝九・+003_convert_20160128120121
ハート型で焼き上げました。おうちではパウンドケーキの型でもオーブン皿にひろげてやいてもらってもOKです。
レシピの分量は大きさに合わせて2倍にしてみてください。

繧ュ繝・ぜ縲€繝√Ι繧ウ繝悶Λ繧ヲ繝九・+004_convert_20160128120431
味見してみました<^^> 大人ならコーヒーと。子どもならココアと一緒がおすすめです。

繧ュ繝・ぜ縲€繝√Ι繧ウ繝悶Λ繧ヲ繝九・+002_convert_20160128120223
焼き上がりはシロップを塗って、粉糖をかけます。

繧ュ繝・ぜ縲€繝√Ι繧ウ繝悶Λ繧ヲ繝九・+001_convert_20160128120322
焼き上げ時間は洗い物をして、カードを作りました。
お友達と交換したり、持ち帰ったりそれぞれでした。

次回は 2/20 土曜日 14:30~ いちご大福でおひなさまをつくろう
  おかげさまで、残席わずかとなっております。 お早めにご予約ください。


今週のお献立 1月第3週のお献立

今週 1/21~1/24 のお献立は

   中国で新年を    です


1譛育ャャ・馴€ア_convert_20160121144115



 醤油卵
 茹で豚肉の辛子醤油
 クラゲの酢の物
 鶏肉の蒸し物
 肉団子の土鍋煮
 白玉団子入り甘酒

今週は中華です。
中華も新年にふさわしい華やかなおもてなしのできるような中華のお献立になっています。
小皿に銘々盛りつけるもよし、大皿に盛りつけて迫力をもたせるもよし。
中華の料理人を「火の使い手」ということもありますが、今週は蒸したり、煮たりの中華をご紹介しています。

KID'S SCHOOL 残席1 となりました。


[続きを読む]

KID'S SCHOOL 12月報告!

KID'S SCHOOL報告!!

 12月はクリスマスケーキを作りました。


繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ繧ア繝シ繧ュ+003_convert_20160116113953


1人で1ホール頑張った子、2人で頑張った仲良し姉妹、お母さんと楽しくお菓子作り♪
それぞれに楽しく頑張った1日でした。

クッキングスクールにお写真が出来上がっています。
ご参加いただいた皆さん、お時間のあるときにお寄りください。


[続きを読む]

今週のお献立 1月第2週のお献立

今週 1/14~1/17 のお献立は

   ロシア料理で新年を   です


27蟷エ12譛育ャャ4騾ア+005_convert_20160114142625

 ピロシキ
 モスクワ風ボルシチ
 ウオルドフサラダ
 ロシアンケーキ

今年のレッスンは今週から始まりました。
本年も楽しく、美味しくお料理を学んでいただけるよう、日々邁進して参ります。
今年もどうぞ清水クッキングスクールをよろしくお願い致します。

おせちにも飽きた頃ではないでしょうか?
少し寒さも厳しくなってきました。
暖かく、おせちの日本料理から離れたロシア料理で新年を始めたいと思います。